sale@ai-doll.com

リアルドール正規品通販サイト|高級TPEラブドール

等身大ラブドール 正規品メーカー

シリコンドール,リアルラブドール,等身大ドール

ラブドール リアルドール 正規品公式販売店舗

ラブドール 正規取扱いメーカー店舗!10年好評を連続掲載します。 性欲処理、観賞用も可能です!

free shipping

Posted on August 3 2018


我がままな一人の女性を大切に扱うように

 「ラブドール」はかつて「ダッチ?ワイフ」といわれ、もともとは性具として誕生したという歴史をもつ。そんなセクシャルな役割をもった人形が、日本において世界最高水準の技術と芸術性で独自の進化を遂げ、現在のかたちになったのだという。

「日本の技術のおかげで、性具がもはやアートの域をも超えて、こんなにも素晴らしく精巧な工芸品に昇華してしまった。これはやっぱりすごいことなんですよ」と、篠山は語る。


改めて進化したラブドールのクオリティに驚嘆する篠山紀信。その上で自身の作品は、表現や撮影のアプローチの面で愛好家のそれとは全く異なると語った。

「ラブドールを偏愛している人たちが撮る写真はライトもしっかり当てて、ダッチワイフだと分かるように撮影しているんです。

でも僕の場合は、一人の女性を大切に扱うように愛をもって撮っている。だからライティングもなるべく自然に近い状態で、顔の向きや角度なんかも本当に微妙なところを探りながら、シャッターを切っているんです」

聞けば確かに、篠山の作品からはセットや表情などを作り込んだ雰囲気は感じられない。そのかわりドールたちはただその場所に、そっと佇んでいる。うつむき加減でそっと視線を落とす表情は、果たしてドールなのか、それとも人間なのか? 妙にリアリティがあって、不気味でもあるその姿は、生死の境を見紛うほどに美しい。











Previous:【直視する「リアルラブドール」を実際に見てきた